管理者のひとりごと


「やっとまとめも終わりました」

 本日は3人の中国人に囲まれ、中華街でユーラシア大陸と海の匂いを感じていました。中国はアウェイとはいえ、人種的には酷似しているということもあり、良き隣人として仲良くやっていかなければならないある種のホームです。3人の中国人は留学や労働のために日本で生活しておりますが、海外でそのような挑戦をするというのは私の憧れでもありますので、彼らには尊敬の気持ちがあります。
 あと、中国人はドラマや映画がかなり好きだということがわかりました。東アジア人(中国人、朝鮮半島人、そして日本人)は、それぞれがよその国のドラマなどを好む傾向にあるようなので、そのような文化を切り口にすることで、良い関係が築けるのではないか、と思った次第です。しかし、私は正直その辺は疎いんですよね・・・。

 というわけで、本日も多数のアクセスがあり、横浜遠征の疲れを忘れて執筆するモチベーションとなりました。長々と途中レポートを仕上げさせていただきました。特に、中村選手投入以前の不甲斐無さについてコメントしました。ビデオを見直すと、彼の投入以降はようやく勢いを取り戻し、一方の北朝鮮は失速したことから、点が入ってもおかしくなかったかな、と後出しながら思ったものです。
 後書きとして、ひとりごとも更新しました。前半と後半の推移は、まとめが長くなってしまったため、また明日にでも更新する予定です。

(05/02/12深夜)

「やっと採点とコメントだけ終わりました」

 自分で煽っておいて言うのもなんですが、やっぱりこれだけ強烈な試合の後は素人のレポートでも読みたくなるもんですよね。私もその辺を意識して、より良いものを執筆しようとすると結構時間がかかります。とりあえず採点だけ公開します。
 明日というか本日12日は旧暦の正月祝いということで横浜の中華街に行ってきます。今週はちょっと卒論の準備で大して勉強もせず、ホームページも満足に更新できず、イマイチリズムに乗れない日本代表の如く過ごしたくせに遊びに行くのは気が重いですが、約束は約束なので、中国人留学生の友人と出かけます。
 というわけで、レポートは早くとも12日の深夜に仕上がります。気長にお待ちいただけると幸いです。

(05/02/11深夜)

「やっとビデオ見終わりました」

 いやはや、それにしても本日だけで300近いアクセスがあり、ワールドカップの反響を思い知らされています。「そんなに俺のホームページって人気あったっけな」と振り返るとともに、皆様に無駄足を踏ませてしまうというタイミングの悪さは、アピールのチャンスを逃したと後悔しております。
 まあ趣味でやっていることなんで、軽い気持ちでご覧くださいという感じです。もちろん、このアクセス数に刺激を受け、睡眠時間を削ってビデオを見直すという作業を終えました。途中で久し振りにフットボールCXも見たりで、予定よりもかなり遅くなってしまいました。
 試合を2度見てレポートを書くのは非常に久し振りなので、冷静に分析することができたと思います。いろいろ思うこともあるし、書く量もたっぷりありそうな感じです。アウェイの席で観戦していたほど、特に中村様出場後は悪い内容ではありませんでした。やはり欧州組様、というか、国内組の中盤だけでは物足りないですね。
 在日の皆さんに囲まれて観戦するのも面白かったです。その辺もひとりごとで執筆したいです。日本代表の不甲斐無さ(?)か在日の皆さんのエネルギーを感じたのか、私無性にサッカーがやりたくなりました。非常に多くのインスピレーションが沸いており、クレバーなプレイができそうな感じがします。そういえば、先日読み始めたといった湯浅健二著「サッカー監督という仕事」を読み終わりました。日本代表に読ませてやりたいです。少なくとも山本監督の本より面白かったです。もう一度読みます。
 と、ダラダラとひとりごとを更新するなら、さっさとレポートを仕上げろという異常なアクセス数を感じておりますが、努力目標で本日11日の夕方までに仕上げたいです。
 今展望を見直すと、グループリーグ勝ち抜けの勝ち点について執筆し忘れていたのと、何かえらい楽観的ですね。ここまで外すと、在日の皆さんには申し訳ないと一言いいたくなります。

(05/02/10深夜)

「さいたまスタジアムで逝ってきました」

 ただいま無事に帰国しました。物々しい警備の割には、至って普通に観戦することができました。騒いでいるのはやはりマスコミだけでした。私はテレビ観戦よりは大人しくしていましたが、別に危害を加えられることも加えることも全くなく、試合を楽しみました。私の周囲の在日サポーターに限って言えば、一生懸命祖国を応援している、極めて普通のサポーターでした。ブーイングは、高原と中村が出場したときくらいしかありませんでした。
 簡単に試合の感想をまとめると、得点シーン以外は完敗といったところでしょうか。ここまで苦戦し、展望が外れるとは想定しませんでした。正直、アジア一次予選では通用してきた戦い方が、最終予選では通用しないと痛感させられました。在日サポーターはひどく落ち込んでいましたが(彼らは真剣に日本を倒せると思っていた)、私も正直敗者の気持ちです。
 なお、レポートは本日更新しませんので、また暇な時アクセスしていただければ幸いです。
 チケットはたったの3000円で、埼玉スタジアム2002は非常に良い会場でした。十分すぎるほど元を取らせて頂きました。この機会を与えてくださったウリハッキョのC先生に、この場を借りて深く御礼申し上げます。明日はきちんと出勤できるといいですね。

(05/02/09)


「さいたまスタジアム、マジで逝ってきます」

 先ほど在日朝鮮人の友人に電話したところ
私「そちらは明日試合ということで、いろいろ盛り上がっているそうじゃないですか?」
Cさん「ははは。Sさん(私のこと)は明日応援に行くんですか?」
私「いや、テレビ観戦ですよ」
Cさん「じゃあ明日見に行きましょうよ」
私「え? チケットあるんですか?」
Cさん「あります、あります。」

 という感じで、チョヌン イルボン サラミエヨ(私は日本人です)が、なぜだか明日北朝鮮側で試合を観戦することになりました!
 え〜、サッカー日本代表史上最大のブーイングをなぜだか日本人が浴びることになりそうですが、それもまた貴重な経験だと思います。私は日頃から居場所がない人間なのですが、圧倒的な在日朝鮮人の皆様に囲まれて、超圧倒的な日本人にブーイングされるとは夢にも思いませんでした。しかも、これが代表初の観戦です。
 明日は心の中では日本代表を応援し、表面上は「イギョラ!(頑張れ!の意味。それしか知りません)」と北朝鮮を応援するフリをします。北朝鮮サポーターに溶け込むためにも、「小○原氏ねよ、このチョッパリが!」くらいは叫びます。

 FIFAからも北朝鮮のユニフォームを着ないようにとか(いわゆるアジアカップの中国で日本をアピールするべきではない、といった)お触れが出ているそうです。かといって、Cさんからも「間違って日本代表の青いユニフォームを着て来たら、在日朝鮮人に血祭りにされて赤いユニフォームになっちゃうよ」と言われ、日本人がホームとアウェイの狭間で苦悩することになりました。
 このような経験を踏まえて、私たち日本人は在日の人々の心を理解することができるのではないでしょうか。思い出作りと身の安全のために、北朝鮮サポーター向けの赤いTシャツを買おうかと思います。それでも私は日本人に見えると思いますけどね。赤っぽいコートあったっけな。
 他にもいろいろとギャグなんだかマジなんだかわからないような朝鮮中央テレビのような話を聞かされました。まあ私としては、サッカーで盛り上がるのは良いと思います。もし私が日本側のサポーター席に陣取れば、間違いなく喉が壊れるまでブーイングするでしょう。それがアウェイの洗礼ってもんです。ただし、サッカーと関係ない暴力やらはタブーですね。私としては、そんなアホなサポーターはほとんどいないと信じています(というか、マジで頼む)。在日プレイヤーもサポーターの皆さんも、試合を通じて良い関係を築くことを願っているはずです。私もそうなることを祈っています。そして自分の無事も祈っています。

 というわけで、レポートの更新は遅れます。試合は録画して、復習してから執筆します。日本人が北朝鮮側のチケットを入手するのは、ある意味普通にチケットを入手するよりも難しいでしょうね。これはかなり面白いネタになりそうです。Cさんも、日本に有利となるようなレポートを執筆させないよう、単純に妨害するつもりで試合に誘ってくれたものだと警戒することにします。

追伸:もし長い間更新されなかったら、心無き日本人サポーターに日本人が殺られた、と思ってください。遺書のつもりでひとりごとを執筆しました。はっきりいって、余裕はありません。
 
(05/02/08)

「シリア戦の完成レポート」

 ようやく仕上げました。無駄足を踏ませてしまってどうもすみません。
 ひとりごとを更新する余裕はそれほどないのですが、北朝鮮戦に向けては一応インターネットの記事を入念にチェックし、まともなレポートを書けるよう努力しています。展望の更新は早くて水曜日の正午前後です。

 先日またもや大宮に行き、買い物してきました。湯浅健二著の「サッカー監督という仕事」を文庫で購入しました。まだ100ページくらいしか読んでませんが、最近の本はマージン(文字と文字との間のスペース)が広く、文字がでかくてページが多い割には内容が少ないな、と思うことが多いです。どうやら、ページ数を膨張させることで、出版社が本の値段を高く設定し、読者には大部を読み終えたという満足感を与えるという意図らしいのですが、はっきり言って余計なお世話だと思います。

 その他の最近の感想を箇条書きで。
・粟生選手とリナレス選手の相手は予想以上に噛ませ犬で、テレビ観戦で十分というところでした。サーシャ選手の試合を見に行けたらいいな、と思っています。
・昨夜フィオレンティーナとサンプドリアの試合を見ましたが、序盤にレッドカードが2枚も出たせいで、フィオレンティーナは何ともアンラッキーだと思われました。はっきり言って、中田選手が出場したとしてもこのチームの試合はつまらないです。Jリーグでもトップに位置するのは難しいのでは(ミッコリは好き)、というほど攻撃のパターンがなさすぎです。録画しましたが、途中で眠りました。

(05/02/07)

「シリア戦の途中レポート」

 ちょっと愚痴っていたら疲れてしまったので、前半と後半の展開については明日にでも更新したいと思います。まとめだけでも結構なコメントになりました。
 気分転換のつもりでサッカーを楽しむつもりでしたが、はっきり言ってつまらなかったです。国内組で北朝鮮はアウェイでも倒せます(1-0)が、中東勢にアウェイで勝つことはちょっと厳しいでしょう。攻撃のリズムを変えられない、プレスをもろに食らうというのが中東勢に対して最もやってはいけないことだと思います。

(05/02/02)

Main

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO