2003年8月5日 国立競技場(雨)
国際親善試合 レアル・マドリードvsFC東京(0-3)





 世界選抜、レアル・マドリードが僕らの街へやってきた。Jリーグなどとはまるでスケールが違う恐るべきスターチームである。読売巨人軍の富豪レベルなど笑い飛ばせてしまうようなものだ(巨人ファンの方すみません)。とにかく、この記念すべきこの日に、一人のサッカー小僧として世界に向けての野望を述べたい。
 
戦前の話によると、ジダンがコンディション不良による欠場ということで、じゃあFC東京にレンタルするくらいのハンディキャップマッチでやれ、と思った。それくらいの格差があるのだ。

 最初に言いたいのだが、今日の主審岡田さんは私好みのジャッジで、おそらく90分間たった一つのミス・ジャッジもなかったはずだ。こういう清々しい思いをしたのは何時以来か思い出すことができない。
 UEFA杯やコンフェデ杯のジャッジの傾向を見ると、中盤での判定は非常に厳しいものの、ゴール前やペナルティ・エリア周辺での試合を左右するようなジャッジは格段に甘くなる。私はそういうジャッジがあまり好きではない。国際試合ともなれば、どんな位置、どんな時間帯であれ、反則は反則であり、プロのジャッジはそれを見逃してはならないのだ。

 アジア人固有の性質なのかもしれないが、なぜサッカーと関係ないところでそれほどベッカムに馬鹿騒ぎできるのだろうか。言うまでもなく、彼は世界有数の選手である。フリーキックはキーパーの意表をついたのか(ジーコ監督によるとポジショニングのミス?)見事にゴールし、正確なクロスボールで何度も得点のチャンスを作った。それに、既婚とはいえ女性受けする甘いマスクを持っていることも事実だ。しかし、レアルの他のチームメイトも技術的には彼に勝るとも劣らない世界トップレベルの選手である。
 サッカーという集団競技の中で、ベッカム一人が背負っている役割は、チーム全体のせいぜい10%程度(1/11)である。ボクシングのような個人格闘技とは違うのに、何が人々をそこまでベッカムに騒いでいるのだろうか。そういったファンは大抵ブームが去ると同時に簡単に消え去ってしまわないだろうか。サッカーファンの私としては、彼のプレイを見てサッカーの面白さをわかってもらえないことにひどく残念な思いをしている。こういった歓迎振りには、オリエンタル・スマイルと関連性がありそうなので、今後調査していきたい。

 海外で活躍する日本人選手が増えるとともに、私たちが海外のリーグをテレビで見る機会も随分多くなってきた。私も含め、Jリーグよりも、海外のサッカーにはより深い関心を持っているファンも少なくないだろう。その理由としては、根本的にレベルが違うことである。Jリーグをはじめとするアジアのサッカーを見ていて、心底驚きがあったというのはあまり記憶にないといっていい。その一方で、海外のリーグ、たとえばイングランド、スペイン、イタリアなどの強豪同士の試合は、私の想像の範疇をはるかに超えるものがある。とりわけ、チャンピオンズリーグは世界最高レベルの戦いであると考えている。そんなところからシュートが打てるのか、そこへパスがつながるのか、キーパーはあんなセーブができるのか…と挙げればきりがない。
 日本と欧州のレベルの差はますますなくなりつつあるが、今日の試合で思い知らされた。日本はいまだサッカー後進国である。今シーズン4位のFC東京からは、世界最強(語弊があるかもしれないが)のチームに窮することなく、自分たちのレベルがどれだけ通用するか試したいという挑戦者魂が十分伝わってきた。ただの親善試合とはいえ、勝利に対する意気込みがあることもわかった。しかし、悲しい現実として、気合だけでは技術の差を凌駕することはできなかった。それは自分の未熟さに重ね合わさり、テレビを見ていたのに何だか自己嫌悪に陥ってしまった。

 FC東京の良かった点は、前半30分くらいまで極めて高い集中力を保ち続け、決してプレイを好きにやらせず、中盤でボールを支配(最近ではボール・ポゼッション(possessの名詞形)というらしい)したことにある。先日のUEFAでユベントスが用いた戦術に近かった。中盤の動き、パス回しなど数段ユベントスが上だった。これならそう簡単にやられることはないだろう。また、今シーズン最小失点を記録した守備をレアル相手に示したことにも評価できよう。この作戦が確実に実行されている間、試合はFC東京ペースで進むことになる。
 確かにベスト・メンバーではなく、基本的に小遣い稼ぎにアジアに来ただけとはいえ、私は最初これが世界最強のレアルか、と目を疑ってしまったほどだ。これなら勝てるかもしれないと。

 しかし、レアルなどに所属する一流選手の特筆すべき点は、たった一つのプレイで試合の流れを変えてしまうことにある。それまで押されていた雰囲気はどこにいってしまったのかと思わせるほど、その時の集中力は高い。言うまでもなく、相手のミス、特にペナルティ・エリア付近に関しては極めて敏感で、ほぼ確実に枠内のシュートに結び付けてくる。
 加えて、シュート・レンジが格段に広い(日本が狭い)。すでに守備が十分固められているコーナーキックなど、最近では滅多に点が入ることはない。得点するために重要な作戦は、守りの意識が薄いか、分散している場合の中距離以上(ミドルやロング)のシュート(最近ではアウトサイドのシュートも珍しくなくなった)か、ボールを奪って10秒以内の攻撃などである。
 前者については、苦し紛れの最後の一手として打つのではなく、中距離以上のシュートに結び付けるコンビネーションを持っていることである。「シュートで終わる」というのは比較的有名な部類の言葉だが、得点するというよりは、カウンターアタックをもらわないための攻撃におけるクリアに近い。ゴールすることは滅多にないし、枠に入ることすら難しい程度のものだ。日本代表のミドルシュートはこれに近い。しかし、ベッカムが見せたアーリークロス(早目のセンタリング)などは、守備が固められる前に中央にボールを放り込む非常に効果的な作戦だった。常にゴールを狙っている攻撃的な姿勢が見られて、私は熱くなった。

 FC東京にしろ、ユーベにしろ、意識して中盤を支配していたのに点を取れないうちに、逆にやられてしまうのは、チームとして非常に落ち込んでしまう。そして、一点取られてしまうと、その後は堰が切れたようになり、相手の攻めを防ぐことは厳しくなってしまう。そもそもこの作戦は精神的にも体力的にも90分間続けられるものではなく、せいぜい40分程度である。この間に点を取っておかないと、逆に後でやられてしまう傾向にある。

 後半は前半に守られていた中盤でのプレスやマークがずっと甘くなり、トップと最終ディフェンスラインが広がるアコーディオン状態に陥ってしまった。こうなると、中盤でボールは支配されてしまい、相手の好きにやられてしまう。もう世界選抜の実力を防ぐ手立てはない。ただただ技術の高さに驚嘆するばかりだった。

 日本のファンも、こういった高い技術水準の試合を楽しめるようになることを願う。ベッカムのルックスに騒ぐのもいいが、そういった環境では日本のサッカーは育たない。優れた批評があるからこそ、優れた試合が生まれるのだ。
 もし、私たちがこういった親善試合をもっと見たいと強くアピールすれば、スポンサーなども動き、海外の強豪チームもまた来日することだろう。日本は世界でもトップクラスの豊かな国である。資本を武器に、サッカーに金が流れるような仕組みを定着させていくべきである。選手はかけがえのない経験を積むことができる。今日のような晴れ舞台を目標にして、練習にも身が入るだろう。海外のチームに太いパイプが生まれ、海外移籍の話も出やすくなる。
 私たちファンは世界のレベルをこの目で認識し、どれだけ日本との差があるかを理解できる。目の肥えたファンの前でJリーガーは下手なプレイを見せることができなくなる。緊張感をもって試合をすることで、内容もより充実していくだろう。
 また、スポンサー様も積極的に応援していきたい。キリン様は由緒正しきサッカーのスポンサーである。キリン・チャレンジカップなど、キリン様のおかげで日本のサッカーは育てられているのだ。個人の好みに口を出すつもりはないが、このような日に限っては、キリン以外の銘柄のビールを飲むのは、日本代表を応援しないという意思表示になる。残念ながら私はアルコールを全く受け付けない体質なので、アミノサプリやキリンレモンを飲みながら応援している。このときばかりは、サプリ最高だ。
 そして、日本代表が地の利のない2006年ワールドカップに確実に出場するためには、助っ人としてレアル所属の選手クラスの力が必要になる。確か一度どこかの代表に登録すると他の代表に出場できなくなるという規則があるのだが、もっとも有効で即効性の高い日本代表育成法である。具体的には、とにかく資本に物を言わせ、最高のもてなしで親日感情を持たせる。そしてJリーグに所属させ、帰化のためのステップを踏ませる。日本名だと別科無となるのだろうか。
 最近では、サッカーは話題の中心になることも多くなり、私があえて言うことでもないかもしれない。ただ、スポンサーの件と帰化の話は真剣であり、新しい説を広めていただけると大変ありがたい。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO