2005年7月31日(土曜日/天候) 東アジア選手権2005

スタジアム@大田(デジョン)

 北朝鮮代表 vs. 日本代表
(x-x)

得点
x

失点
x

警告
x

レフェリー


テレビ朝日
解説:セルジオ越後、ピッチ解説:堀池巧、実況:田畑祐一


<日本代表メンバー>
GK:土肥洋一、川口能活、楢崎正剛
DF:田中誠、茶野隆行、宮本恒靖、三都主アレサンドロ、
中澤佑二、坪井慶介、加地亮、茂庭照幸、駒野友一 MF:福西崇史、小笠原満男、本山雅志、村井慎二、
遠藤保仁、阿部勇樹、今野泰幸 FW:玉田圭司、大黒将志、田中達也、巻誠一郎

「タイトル」

展望
 アジアのローカルタイトル、東アジア選手権が開幕する。このタイトル自体、FIFAの公式試合日として認定されず、欧州組の参加がない地味なものであり、しかもワールドカップ出場が決まったこの時期に行う必然性などもやや疑問が残る。 しかし、広大なアジアにおいて、東アジアの成長を促し、伝統的に強豪の多い中東以上の発言力を持とうという意義は考えられる。
 とはいえ、対戦相手を見れば、事実上の日韓頂上対決であることは間違いないだろう。W杯進出を決めたこの2チームに比べると、すでに予選敗退が決まっている北朝鮮(FIFAランキング91位)や中国(FIFAランキング56位)は、技術的にもモチベーションでも明らかに見劣りする。日本代表は最終戦となる7日の韓国戦にピークを持ってくるような戦いをするだろう。もちろんアジア杯王者として3連勝に期待する。
 今夜の相手は北朝鮮である。今年の2度の対戦(2月9日@埼玉、6月8日@バンコク)で連勝しており、特に苦手意識などもないはずだ。また、北朝鮮は半数前後のメンバーを入れ替え、一ヶ月ほどの練習期間を経てきたもののややテストマッチ的な要素が見られる。どれだけ彼らが真剣か定かではないが、W杯予選ほどではないと予想される。
 さて、我らが日本代表は欧州組の穴を埋めるべく、駒野、村井、今野、田中達、巻など新戦力が加入した。彼らも含め、日本代表の選ばれるような一流のJリーガーは、どんなに苦しい状況でも言い訳などすることなく、代表の重みを正しく認識し、決して恥じないプレイを見せてくれるはずである。また、筆者はジーコがどれだけ素晴らしい監督なのかいまだ計りかねるという状況だが、90分間を通じた試合の波やリズムを理解し、決して動揺しないことなど確実にジーコイズムが浸透していることだけは確かである。
 インターネットで情報収集する限り、代表としての心のあり方や振る舞いというのがすでに確立されており、新しいメンバーにとってもこの環境は理想的な求心力を持っているように感じる。厳しい90分間を耐えてワンチャンスを物にするスキルやタフネスが習得されつつあると言っても過言ではないだろう。技術に関しては欧州にもひけをとらなくなりつつある日本代表にとって、欠落していた経験、勝負どころを嗅ぎ分ける能力、勝利のためのヴィジョンも見えつつあるように思う。

予想スタメン

川口
 田中誠 宮本 中澤
加地      三都主
福西 遠藤
 小笠原
 玉田 大黒
 戦前の情報によれば、国内組仕様の3バックで望むようである。2人のフォワードに上背がないことから、日本人の長所に向いているようなスピードを生かし、パスワークで相手を崩すような戦いをすると予想される。注目の選手は小笠原選手である。彼の活躍の程度によって、試合の流れが大きく変わってくるだろう。
 大黒選手はベストコンディションではなく、玉田選手もいまいちJリーグで活躍できていないことから、後半にフォワードの交代が濃厚である。いずれにせよ、個人技だけでも1対1に分がある相手であるため、積極的に仕掛けて欲しい。
 仮に何かの弾みで先制点を奪われてしまったとしても、そこから挽回する力は十分にあるし、彼らもそれができることを認識しているはずである。この試合2−0での勝利と予想する。
 
前半

後半

まとめ

放送陣に対して


採点の比較


 コメント



Main / Soccer Top

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO